医者

特定疾患と予防できる病気

カルテを持つ男性

病気には先天性のものや原因や治療法がわからないものがあり、特定疾患と呼ばれ医療費の助成を受けることができます。生活習慣病のひとつである糖尿病は、進行し合併症を引き起こすと人工透析が必要になります。新宿には、専門知識を持つ医師による専門外来があります。かかりつけの内科で紹介してもらうことができます。

Read More..>>

発症を見極めるための知識

脳梗塞の症状や原因に関する情報を提供しているサイトがありますよ。為になるのでご覧になると良いでしょう。

頭痛ではない理由

医者と患者

脳梗塞が頭の病気であることは、誰もが知るところです。しかし、頭の病気であるにもかかわらず、症状は頭で感じることはないということは意外と知られていない事実です。脳梗塞を発症した場合、頭以外の場所に症状が現れることとなります。その理由は、2つあります。まず1つは、脳には痛みを感じる受容体がないからです。但し、脳の周囲にある、くも膜、硬膜には痛みを感じる受容体がありますので、例えば、くも膜下出血を発症した場合は、激しい頭痛が起こります。もう1つは、人間のすべての行動は、脳からの指令に基づいているからです。従って、脳組織が壊死してしまう脳梗塞を発症すると、指令が発信されなくなりますから、行動が制限されてしまう、つまり、体に不具合が生じてしまうというわけです。脳の病気イコール頭痛だとイメージしてしまいがちですが、こと脳梗塞に関しては違いますから、注意すべきです。

早急な治療が大事

その注意も、細心の注意を払うべきだと言えます。というのは、壊死した脳組織を復活させることはできないからです。従って、脳梗塞の治療は、いかにして脳組織の壊死範囲を拡大させないということが肝心となるのですが、治療開始が遅くなればなるほど壊死の範囲は当然、拡大してしまいますから、脳梗塞を発症したことを見極めることは極めて重要なことなのです。脳梗塞の典型的な症状は、片麻痺や単麻痺、片手足や顔の感覚異常、失語症や言語障害です。これらの症状が現れたのならば、直ちに医療機関へ行くべきです。脳梗塞は脳の血管に血栓が詰まることで発症しますが、現在は、その血栓を溶かす、非常に有効な血栓溶解療法が確立していますので、早期に治療を開始できれば、大きな後遺症が残らないで済む可能性はあります。

進化した免疫細胞療法

車いすの男性

現在では、免疫細胞療法を進化させたNK細胞療法がおこなわれています。患者の血液から、がん細胞と戦うNK細胞を取り出し、約10億個に増やしてから注入するのです。多くの場合は、手術でがんの病巣を切除してからおこなわれます。手術後の体内に残ったがん細胞が排除されることで、がんの完治の可能性は高まります。

Read More..>>

がん細胞に直接攻撃します

椅子に座る医者

免疫細胞治療は、患者さんの免疫細胞を使って、がん細胞を攻撃するという治療方法です。自身の体内にある免疫細胞をいったん体外に取り出し、培養、活性化させてから再び体内に戻すので、副作用が起こりにくいという特徴があります。そのほかにも、分子標的治療薬を使った治療方法もあります。

Read More..>>